債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 過払い金とグレーゾーン金利

グレーゾーン金利があるからこそ行える過払い金請求

手軽にお金を借りる先として消費者金融がありますが、実は全ての消費者金融がきちんと法律を守っているというわけではありません。 貸金業を行う場合には利息制限法と出資法という法律を守る必要があります。

しかし、二つの法律によって定められているというところに問題があるのです。 実はお金を借りる際に発生する利息はこの二つの法律によって定められているのですが、利息制限法では18%以上の利息を請求してはいけないとなっています。 対して、出資法では最大で29.2%と定められています。

ここで問題なのは利息制限法には罰則が設けられていないということです。 その為、18%から29.2%の間はグレーゾーン金利と呼ばれ、法律に違反しているのに罰則がないということで違法に利息を請求している業者がいるのです。

この本来であれば払う必要の無い利息を返してもらうように請求するのが過払い金請求です。 興味があるという人は、一度専門家に相談してみると良いでしょう。

↑ PAGE TOP