債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 過払い金請求の条件

過払い金請求できる条件と注意点

最近、テレビや新聞広告等で、過払い金請求の広告をよく見かけます。 現在、長期間にわたって貸金業者等へ借金を返済している場合や、現在は返済が済んでいても過去に借りていた場合、過払い金の請求が出来る可能性があります。

その理由は、貸金業者等からお金を借りた場合は利息を付けて返済しなければいけませんが、その利息については法律で上限が決まっています。本来であれば利息制限法の範囲内で利息を設定しなければならない所、貸金業者側がそれよりも利率が高い出資法の範囲内で利息を設定していたので、結果として利息の過払いが発生したためです。

そのため、過払い金請求をすれば、取られ過ぎた利息分を取り戻せる可能性が高いですが注意点もあります。

早めに解決しなければならない

まず、貸金業者等との取引終了から10年経つと時効になってしまうので、既に借金を返済済みの方は注意が必要です。また、取引のあった貸金業者が倒産してしまった場合は、過払い金が返ってこない場合があります。

もし、思い当たる事があり過払い金請求をしたいのであれば、まずは弁護士や専門機関等へ相談や問い合わせをして下さい。

↑ PAGE TOP