債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 過払い金請求は法律事務所へ

過払い金請求は法律事務所へ相談

過払い金請求とは文字通り過払い金を請求する事です。お金を借りたことがある人であれば、もしかしたら自分にも過払い金があって請求すれば取り戻すことが出来るのではないか、と考えている人も少なくないでしょう。

そもそも、過払い金とはいったいどういったお金のことを言うのでしょうか。これは、お金を借りるときに利息制限法の定めを上回る金利で借り入れをした場合に、本来の借入金はすでに支払いが終わったにもかかわらず返済を続けてしまったために発生する払いすぎてしまったお金の事です。

消費者金融でお金を借りるときには、利息制限法によって法外な金利がかけられることの無いように制限が設けられています。この法律には、これを超える金利は無効となることが定められています。しかし、この金利の上限についてはいわゆる法の抜け穴であるグレーゾーンというものがあります。

グレーゾーン金利

利息制限法の15%〜20%の上限金利と出資法の上限金利である29.2%のあいだの金利の事です。このゾーンでお金を借りた人は過払い金が発生している可能性がありますが、必ずしも返還請求が出来るとは限りません。なぜかというと、借りていた期間や返済の仕方などによっても影響があるからです。

完済がも請求可能

とはいえ、すでに完済したという人でも10年以内の取引であれば過払い金請求が可能です。もしかして過払い金があるかもしれない、過払い金請求をしたいと考えている人は信頼できる弁護士や法律家に相談するのが良いでしょう。もちろん、自分だけで請求する事も可能ですが、それにはかなりの時間と労力を割かねばなりません。

素人では難しいことばかり

素人だけで請求を行うとなると、手続きややり取りにかなりの時間を要するだけでなく、法律の知識も勉強しなければなりません。また、こちら側は素人であることから業者側は情報の開示をなかなかしてくれないといった問題もあります。それらに対応していくためには、かなりの精神力も必要とされるでしょう。こうした理由から専門のプロに頼る方が安心ですし、確実に請求を行うことが出来ます。過払い金請求を行えない場合など、人によってさまざまなケースがあり複雑な問題なので、迷っている人はプロの人に相談するのが得策です。

↑ PAGE TOP