債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 自己破産

自己破産に強い弁護士、司法書士ランキング

1位 樋口法律事務所

任意整理 39,800円〜
自己破産 要相談
過払い金 20%
電話相談 0120-796-690

» 公式サイトへ

2位 RESTA法律事務所

任意整理 39,800円〜
自己破産 500,000円〜
過払い金 20%
電話相談 0120-796-690

» 公式サイトへ

3位 アヴァンス法務事務所

任意整理 139,000円〜
自己破産 250,000円〜
民事再生 280,000円
過払い金 16%〜18%

» 公式サイトへ

4位 岡田法律事務所

任意整理 20,000円〜
自己破産 要相談
民事再生 要相談
過払い金 20%

» 公式サイトへ

自己破産とは

借りたお金は基本的に債権者に返済するものですが、借金が高額であるため収入だけでは返済ができなかったり、利息が高すぎて元本がまったく減らないといった場合、既に返済は困難な状態になっていますので、毎月お金を返す以外の別の手段で債務を解消させる必要があります。

借金はなくなるが失うものある

お金を返済しなくても借金を帳消しにする方法として、自己破産があります。一度自己破産をしますと、今までの債務はすべてなくなりますので、今後は借金の返済をする必要なしに生活を送ることができるようになりますので、どんなに努力をしてもお金を今後返すことができそうにないという人は自己破産をした方が良いです。

借金の額に関係なく、自己破産をしてしまった債務者は今後は収入を債権者ではなく自分の生活のために使うことができるようになりますので、メリットは非常に大きいです。その反面、経済的に失うものも多いので、メリットとデメリットを天秤にかけながら自己破産の申請はした方が良いです。

自己破産の結果、失うものとは経済的に価値のあるものです。例えば高額売却ができる自動車や不動産は真っ先に差し押さえられますので、今まで持ち家や分譲マンションに住んでいた人は、これからは賃貸アパートやマンションでの生活になります。

差し押さえられるものはこのような価値のあるものだけでなく、99万円を越える現金と20万円を越える預貯金、有価証券、株券、そして生命保険の解約金、そして20万円以上の価値のある資産など、これらが差し押さえの対象になります。債権者はこれらの差し押さえた価値のあるもので債権の回収をはかるので、自己破産をする場合は基本的に所有している財産はすべて手放すというデメリットを受けられる人ほどオススメになります。

低リスク自己破産する方法

借金をして不動産を購入した人や高額の自動車を所有している人よりも、既に賃貸アパートや賃貸マンションで生活をしている人や車を持っていない人の方がすくないリスクで自己破産することができます。もともと資産をそれほど所有していない人、例えば預貯金の総額が20万円未満で株などの投資には手を出さず、ブランド品や高級品を持っていない人はそれほど大きなリスクを負担せずに借金を帳消しにすることができますので、そのような人は早速弁護士に相談することをオススメします。

↑ PAGE TOP