債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 債務整理を行う状況

債務整理は弁護士へ

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生などの手続き方法があります。

依頼数が最も多い任意整理

任意整理は、借金を減額して3年程度で分割返済するという方法で、継続的に収入を得ることが見込める人が対象となります。

最もメリットもデメリットも大きい自己破産

自己破産は、裁判所で支払いが不能であると認められた場合に借金がゼロになるという法的な手続き方法です。メリットが大きい分、財産が処分される、破産後数年間は新しく借金をしたりローンを組んだりすることができないなどのデメリットもあります。

財産を維持できる民事再生

民事再生は、任意整理と自己破産の中間的な手続き方法で、借金を大幅に減額して財産を維持しながら3年程度で分割返済していくというものです。どの手続きをするかについては弁護士に相談をするのが一般的です。ですので、まずは法律事務所を探すことから始める必要があります。

まずは弁護士へ相談

どこに依頼すればよいかわからない場合は、各地の弁護士会や自治体が行っている無料法律相談会に参加してみるのがよいでしょう。そこで担当してもらった弁護士に債務整理の代理人を依頼することも可能ですので、参加する際には督促状や契約書や取引履歴などの債務状況がわかる資料を持参しましょう。

↑ PAGE TOP