債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

トップページ » 債務整理の方法

債務整理の方法

借金でニッチもサッチもいかない。もう夜逃げするしかないという方もいらっしゃると思います。サラ金などの金融業者の金利は、以前よりも安くなったとはいっても、まだまだ高いのが現状です。

銀行とサラ金の金利

例えば、銀行の金利は定期のキャンペーン金利でも0.3パーセントくらいが最高値ですが、サラ金の金利は15パーセントくらいありますから、なんと50倍になります。これだけの金利ですと、ある一定限度以上に借りてしまうと返済ができなくなります。

例えば、毎月の返済が3万円くらいが限界な人の場合、年36万円返済できますが、仮に300万円借りたら、年45万円の金利となりますから、毎年9万円の借金が増えることになります。このように返済が不能になると、借金返済のために借金をするようになりますが、それもいずれは限界がきます。

債務整理するしかない

そうなったら、もう債務整理しかありません。夜逃げしたところで借金が無くなるわけではありませんから、そんなことを考えるヒマがあったら返済計画を立てましょう。債務整理といっても、方法はいろいろありますが、なかなか自分でやるのは難しいものです。

場合によっては、裁判所の手続や不動産の売却なども必要になりますから、法律の専門家で債務整理の実績も多い司法書士や弁護士に依頼するのが良いでしょう。もちろん、依頼料は必要になりますが、それで夜逃げしなくて済むなら安いものです。さて、債務整理の方法なんですが、まずは、過払い金が生じていないかの確認となります。過払い金とは、簡単に言えば、高い金利を長期間支払っているような場合に、法律の制限内の金利で計画し直すと、払い過ぎているお金のことです。

過払い金を請求する

この過払い金は返還請求することができますから、返還されたお金を借金返済に充てることができます。次に債務整理として行うのが、サラ金などの債権者との返済方法の話し合いです。この話し合いは任意ですから、強制力はないものの、債権者としても貸し倒れは困るので、返済計画さえしっかりしていれば、話し合いに応じてくれる可能性は高いです。話し合いの内容としては、毎月の返済額の減額と金利の引き下げ、又はカットというものが多いようです。そして、このような話し合いが難しい場合は、住まいなどの売却になるのですが、これは最後の手段にしたいですね。

↑ PAGE TOP