債務整理で借金問題を解決

専門の弁護士、司法書士に任せる事で借金を減額、完済する事ができます

大阪で債務整理に強い弁護士、司法書士ランキング

1位 樋口法律事務所

任意整理 39,800円〜
自己破産 要相談
過払い金 20%
電話相談 0120-796-690

» 公式サイトへ

2位 サルート法律事務所

任意整理 39,800円〜
自己破産 500,000円〜
過払い金 20%
電話相談 0120-796-690

» 公式サイトへ

3位 アヴァンス法務事務所

任意整理 139,000円〜
自己破産 250,000円〜
民事再生 280,000円
過払い金 16%〜18%

» 公式サイトへ

4位 岡田法律事務所

任意整理 20,000円〜
自己破産 要相談
民事再生 要相談
過払い金 20%

» 公式サイトへ

債務整理について

債務整理と言うのは、簡単に言ってしまえば「法律的に一度借金を見直してみて、無理のないような生活を送ることができるようになる借金で困っている人を再生させる方法のこと」

つまり、借金の問題を解決する事ができる法的な手段の事を言います。その債務整理とはどのような事を行うのか?

具体的には、3つあります。

任意整理

1つ目は、任意整理です。任意整理というのは、債権者と話し合って借金を減らすことをいいます。また、任意整理を行うと、ほとんどの金融業者が「以降の利息は支払わなくて良いです」という約束で返済に応じてくれるようになります。

これは、借りたお金だけを返せばよいということなので、今まで支払っていた高額な利息を支払わなくてよくなるので、生活に余裕がでてきます。任意整理を行った場合、弁護士に任せると債権者に「受任通知」というものが届き、弁護士との交渉が成立するまで借金の返済を止めることができます。

» 詳細はこちら

民事再生

次に、2つ目ですが、これは民事再生です。民事再生というのは、裁判所が認めた住宅ローン以外の借金を減らせる方法です。この方法は、サラリーマンなど一定の安定した収入がある方が対象となっており、住宅を持っている場合は住宅を手放さないで借金を返済することができます。原則3年間の支払い期限と言うものが存在するため、しっかり返済計画を立てないといけないというデメリットがあります。

また、デメリットと言うと民事再生を行うと官報に掲載されてしまうため、金融業者や信用機関のブラックリストに記載されてしまい役7年間新しい借金を行うことができなくなってしまいます。

民事再生の場合、弁護士と民事再生が可能かどうか相談を行い、弁護士が民事再生の書類を裁判所に提出すれば、あとはなにもすることはありません。また、弁護士に依頼した時点でさきほどと同様に、借金の取り立てが停止します。

» 詳細はこちら

自己破産

最後の3つ目は、自己破産です。自己破産と言うのは、任意整理や民事再生などといった債務整理でも返すことができないほど抱えた借金を帳消しにする方法です。つまり、債務整理の中でもあまり使われない方法です。

これを行うと、一定の財産を処分しなくてはいけないというデメリットがあり、保証人がいる場合は保証人に保証義務が追求されてしまう場合があります。また、ブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。このように、債務整理には様々な方法があるので自分の立場を見てみてどれが最適か判断し、弁護士に依頼してみてください。

» 詳細はこちら

過払い金

長期間借金の返済をしている方、完済した方の中には過払い金が発生している方もいます。この過払い金が発生している人は多く、気づいていない方もいます。もし自分の過払い金が発生いている可能性がある方は弁護士などに相談してみましょう。発生している事が分かれば過払い金請求をする事で支払いすぎていたお金を取り戻す事ができます。

» 詳細はこちら

債務整理は早めに行なうことが大切

債務整理は、借金をゼロにしたり毎月の返済額を軽減させることが出来る手続きのことを指します。最も行なうひとが多いと言われているのが、裁判所への申し立ての必要のない任意整理です。この任意整理は、債務者の年収などにより異なりますが、毎月の返済額が月収の3割以上を超え、返済が難しいと感じられてきたら行なうべきでしょう。

返済をすることが難しくなると、さらなる借金を繰り返してしまう多重債務に陥りかねません。借金が返済不能になる前に、早めに対応するということが大切になります。

債務整理は、債務者の状況により適している手続きの方法は異なります。どの手続きが良いかは専門家に相談するようにしましょう。専門家としては、弁護士や司法書士があります。いずれにしても、借金問題に詳しいところを選ぶということが大切になります。特に、ヤミ金から借金をしているという場合には、一筋縄ではいかない事もありますので、豊富な経験を持つところに依頼するようにしましょう。

債務整理のメリット

借金の返済が個人の力ではどうしようもできなくなった場合はどうしたらいいのか、借金を返済するために他の金融業者で借金をする、それも返せなくなるとまた他の金融業者で借金をしてくる、いわゆる多重債務者になってしまいます。借金を返すための借金、自転車操業になり一度この自転車に乗ってしまうと下りることは難しいとされています。知人や親せきにも頼むことができないとなるとどうすればいいのか、その方法として債務整理があります。

債務とは借金のことであり、整理するとは経済生活を再生させるために借金の減額をしたり、支払い計画を立て直したりすることです。具体的には4つの方法があります。任意整理、個人再生(民事再生)、特定調停、自己破産です。

過払い金が発生している事も

この中で、一番多く利用されている手段が任意整理です。これは特に返済期間が長期にわたっている人にとっては有利な手続きです。任意整理をするには、まず金融機関から取引履歴を取り寄せます。取引履歴とは、契約開始から直近までのすべての返済と借り入れに関する履歴のことです。

なぜ、取引期間の長い方が任意整理をするのにメリットがあるのかというと、取引期間が長いと利息制限法を超える金利で取引をされていた時期があるからです。利息制限法を超えた金利で発生した利息は違法な金利で発生した利息ですので、本来支払う必要のないものであり、払いすぎた利息として取り戻すことができるお金なのです。そのため過払い金が発生している方は、それを借金の減額できる強い根拠となるのです。

現金として戻ってくる事もある

どのくらい減額することができるかですが、5年程度の利息制限法を超える金利で取引をされていた場合には、30%程度以上減額をすることができます。それよりもっと長いと、場合によっては払いすぎた利息で完済できるということもあります。そのため、これまでいつ終わるかわからない借金返済が任意整理をすることのよって債務が0円で和解できるということもあるのです。さらには、借金がなくなるだけでなく払いすぎた利息が多ければ現金として手元に戻ってくることさえあるのです。

整理後の審査はどうなる?

ただし、メリットがあるということは当然デメリットも存在します。任意整理をすることのよって、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうのです。そうなるどうなるかは、今後新たにクレジットカードを作成する、住宅ローンを組みたい、部屋を借りるのに保証会社を使う、すべて信用情報調査が審査でありますので、審査が通りにくくなってしまうのです。ただし、これは永遠にというわけではなく5年間は信用情報機関に情報が登録されています。その期間が経過すれば情報は削除されることになっていますので、その後は審査に通る可能性があります。

自己破産での債務整理

借金を法的に解決する債務整理の手続きに自己破産があります。自己破産と聞くと、破産という言葉のイメージからこの世の終わり、止むに止まれず最後の手段としてといたことを連想してしまいますが、そういったことはなく、経済生活を再生するための手続きなのです。簡単に言えば、自己破産とは借金返済を全額免除してもらうことができる方法です。

自己破産の手続きが完了すれば、その翌月から借金返済の義務がなくなり、精神的にも楽になります。毎月の給料のほとんどが借金返済に使われていたものが、すべて自分のために使うことができます。借金が全額返済をしなくていいのであれば、借金返済に困っている人は皆自己破産をすればいいのではとなりますが、誰でもできるものではないのです。

ギャンブル、住宅ローンも対象?

破産申し立てできる要件とは、債務者が多額の借金で生活が破たんしてしまっていて、将来の発生する収入から考えても自分の保有している財産を全て処分をしても債権者に対して返済することが到底不可能であるとなった場合に、裁判所にて返済不能であると認めてもらうことで免責となり、全額借金の返済が免除となるのです。

そのため誰でも自己破産ができるわけではないのです。借金を作ってしまった原因が、ギャンブルにつぎ込んだ自分の趣味や嗜好のために借金を作っていってしまった場合は、自己破産を認められることができないのです。また、住宅ローンについては自己破産で借金返済が免除される対象とはならないのです。

最終手段

自己破産をするには、まず自分の財産を処分しなければならなくなります。最低限生活に必要なものは除いで、その財産を換価して取引のある債権者に対して公平に弁済をします。生活に必要最低限な財産以外はすべて処分をされてしまうのですが、借金をすべてなくすことができますので自己破産は債務整理の最後の手段といってもいいのです。

テレビのドラマやドキュメンタリーの影響で夜逃げをすればいいと思ってしまいますが、何の解決にもならないのです。また、借金を苦に自殺をするという人もいますが、もし自己破産という制度がなければ日本は借金苦に自殺をしてしまうことが後を絶たない国になってしまいますので、自己破産は借金解決の最後の手段なのです。

信用情報機関に登録

借金がなくなるというメリットがあり、財産を処分しなければならないデメリットがあるのですが、信用情報機関にも悪影響を当然及ぼします。事故情報として5年間から7年間は登録されますのでその期間新たにローンを組むことが難しくなります。また、官報という政府の広報誌にも掲載されることになります。それから一定の職業に就くことができない資格制限というデメリットも自己破産にはあります。

↑ PAGE TOP